Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



デイヴィス, マイルス(1926-1991)

Search results:11 件 見つかりました。

  • フリードリヒ・グルダ & フレンズ[DVD]

    (2013/08/21 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101672

  • フリードリヒ・グルダ:ピデオ・テープ集[7DVDs]

    (2015/08/26 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:109068

  • ジョン・コルトレーン - ライヴ・イン ’60 , ’61 & ’65 《ジャズ・アイコンズ2》[DVD]

    (2007/11/07 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:2.119007

  • ソロ・イン・シュトゥットガルト

    ケニー・ワーナーがシュトゥットガルト公演に臨んだの1992年は、ソロ・ピアノのプログラムについて追求し始めた頃。当時既にワーナーは、ジャズの本場ニューヨークにおいて高く評価されており、多くのミュージシャンから共演のオファーを受けていました。そしてその演奏スタイルは熟練の職人のようにエレガンスで洗練されており、伝統とピアノの可能性を自身の音楽に取り入れていました。ワーナーがいかに高いポジションにいたかは、今回のアルバムに収録された公演のため、スタジオに持ち込んだレパートリーからも明らかでした。ほとんどの作品が、「グレイト・アメリカン・ソングブック(アメリカン・スタンダーズ)」をベースにしたもので、その親しみやすいメロディに乗せて、自身の演奏をクリエイティブに広げてみせたのです。(2019/11/08 発売)

    レーベル名:SWR Jazzhaus
    カタログ番号:JAH-473

  • ソロ・イン・シュトゥットガルト [LP2枚組]

    ケニー・ワーナーがシュトゥットガルト公演に臨んだの1992年は、ソロ・ピアノのプログラムについて追求し始めた頃。当時既にワーナーは、ジャズの本場ニューヨークにおいて高く評価されており、多くのミュージシャンから共演のオファーを受けていました。そしてその演奏スタイルは熟練の職人のようにエレガンスで洗練されており、伝統とピアノの可能性を自身の音楽に取り入れていました。ワーナーがいかに高いポジションにいたかは、今回のアルバムに収録された公演のため、スタジオに持ち込んだレパートリーからも明らかでした。ほとんどの作品が、「グレイト・アメリカン・ソングブック(アメリカン・スタンダーズ)」をベースにしたもので、その親しみやすいメロディに乗せて、自身の演奏をクリエイティブに広げてみせたのです。(2019/11/08 発売)

    レーベル名:SWR Jazzhaus
    カタログ番号:JAH-474

  • MABUCHI, Yuko: Plays Miles Davis

    (2019/06/28 発売)

    レーベル名:Yarlung Records
    カタログ番号:YAR88171

  • 詳細

    FLOW - ジャズとルネッサンス(ジーグメト/ヴォルフ)

    「現代とルネッサンスの融合」このような試みは、しばしば現れ多くの聴き手に新鮮な喜びを与えてくれます。このアルバムでは名リュート奏者ヴォルフとサックス奏者ジークメトのコラボによる、新しい音楽を楽しむことができます。現代的なスタイルとサウンドに彩られたダウランドの名旋律がこんなにも心に染みるなんて・・・。また、曲によっては火花が散るようなインプロヴィゼーションの応酬があったり。また典雅なリュートの音色とジャズの融合にも目が覚めるようです。オシャレでラグジュアリーな空間にもぴったりの1枚です。(2015/05/27 発売)

    レーベル名:Oehms Classics
    カタログ番号:OC1826

  • エッセンシャル・ジャズ(クインテンセンス・サクソフォーン五重奏団)

    (2001/01/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999760-2

  • 詳細

    マイルス・デイヴィス:アーリー・マイルストーンズ (1945-1949)

    いやあ、久しぶりに聴きました。パーカーのサイドメンだった頃(サヴォイ盤)のマイルス。やっぱ下手ですな。パーカーの技術、アイディア、余裕から生まれる歌心、何をとっても比較にはなりません。しかし、マイルスの後年の凄さは、パーカーやガレスピーへのコンプレックスから生まれるのです。楽器の練習をしないでカッコいい音楽をヤルには、凄腕でクリエイティブな手下を集め、禅問答のような抽象的な指示をする。手下は勝手に知恵を絞って、思っても見なかった新しい音楽を生みだす。これでんがな。そのリーダーとしての資質がキャピトルでのレコーディング(「クールの誕生」)に早くも繋がります。(2002/04/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120607

  • 詳細

    マイルス・デイヴィス:バップリシティ (1949-1953)

    「クール」という言葉は今や「クールビズ」とかのおかげで必ずしもカッコ良いものとは限らないが、マイルスというのは全身これクールの塊、何がカッコ良いのか、ついでに言えば、自分は練習しなくてもどんなメンツを集めればカッコ良くなるのかを必死に考え続けた偉人である。ついでに言えば、自分でアレンジを書く訳でもないのにギル・エヴァンス、ジェリー・マリガン、ジョン・ルイスとかを集めて人の聴いたことの無いサウンドを出すあたり、マジックとしか言いようがない。ここでは8曲が「クールの誕生」の別セッション。コニッツのソロはこっちの方が冴えてる感じ。アレンジも一部違う。(2005/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos Jazz Legends
    カタログ番号:8.120772