Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



プランケット, ロベール(1848-1903)

Search results:3 件 見つかりました。

  • 詳細

    イヴニング・イン・パリ

    アメリカで人気のポップクラシックの分野で一時代を画したアーサー・フィードラー+ボストン・ポップス管弦楽団のコンビの下、チーフアレンジャーとして活躍したのが、他でもない、当盤でタクトをとるヘイマンその人です。彼の魔法のような編曲術にかかれば、どんな音楽だって華麗に輝き、原曲とはまた違った魅力がみえてきます。どうですか、このシャンソンの数々!全く興味が無い人でもさわりくらいは聴いたことがある御馴染みの作品たちが次々と眼前を通り過ぎていく快楽を、このアルバムがご提供します。(2001/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555009

  • 詳細

    エンリコ・カルーソー:全集 11 (1918 - 1919)

    エンリコ・カルーソー(1873-1921)の録音全集の第11集では、1918年11月の第一次世界大戦終結をはさんだ、1918年4月から19年9月にかけての録音を収めています。スペインや中南米、それにイタリアの歌曲などが多数を占めますが、戦時下の状況を反映して、行進曲や賛歌が含まれているのもこの頃の特徴です。たとえば《オーヴァー・ゼア》は当時欧州に遠征して戦局を決定づけたアメリカ兵たちのテーマ・ソングのような人気曲ですし、《ガリバルディ賛歌》はカルーソーの母国イタリアの統一の英雄をたたえた歌で、トスカニーニもよく指揮した曲です。(山崎浩太郎)(2004/01/01 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.110752

  • 詳細

    ストライク・アップ・ザ・バンド!(スウェーデン王立空軍軍楽隊/ヨハンソン)

    これは文句無しに楽しい!聴けば気分爽快!イェーテボリを拠点に活躍するスウェーデンの吹奏楽団による、世界中のマーチの名曲集です。古くはシューベルトの「軍隊行進曲 第1番」から網羅。日本の体育行事でお馴染みの「旧友」・「双頭の鷲の旗の下に」・「ボギー大佐」・「錨をあげて」、映画で有名になった「ダムバスターズ」、ミュージカル・ナンバーの「ストライク・アップ・ザ・バンド」、モンティ・パイソンのコメディ番組で使われた「自由の鐘」、モスクワのラジオ放送愛聴者にはお馴染みの「モスクワへの挨拶」、ベルリンフィルの野外演奏会で必ず登場する「ベルリンの風」など、名曲が並びます。「これはこういう題名だったのか」と発見する曲もあることでしょう。超有名曲だけではない選曲が嬉しいではありませんか。(2006/06/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557545