Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



マラツ, ホアキン(1872-1912)

Search results:8 件 見つかりました。

  • 詳細

    1950年代アメリカ録音集 3 - タレルガ/アルベニス/ポンセ/他:ギター作品集(セゴビア)(1950)

    偉大なるギタリスト、セゴビアの1959年代アメリカの記録第3集は、19世紀の先駆者タルレガと、セゴビアの友人でもあったポンセの作品を中心に収録しました。セゴビア自身こう語ります。「1923年、メキシコで初めてポンセに会って以来、彼は80以上ものギター曲を作曲してくれました。それらは、大きな曲も小さな曲もすべて純粋で美しいのです…」他にセゴビアの友人であった、アルベニス、マラツ、アギーレらの作品も収録。スペインの自然な語法による類似性を表現しています。(2008/03/05 発売)

    レーベル名:Naxos Historical
    カタログ番号:8.111091

  • 詳細

    カタルニア・ピアノ・アルバム - グラナドス/アルベニス/モンポウ(マソ)

    カタルーニャと聞くと何を思い浮かべるでしょう? バルセロナ、ガウディ、音楽好きの人なら、カザルス、そして鳥の歌・・・。しかしこの地方には、まだまだ素敵な音楽がたくさんあります。モンポウ、グラナドスをはじめとした作曲家による多彩なピアノ曲はどれもが楽しく情熱的な思いを秘めています。自らも大ピアニストであったヴィニェスの珍しい作品にも注目です。(2008/01/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570457

  • 詳細

    D. スカルラッティ/タレガ/ソル/アルベニス/マラツ/ピアソラ/コスト/バークリー:ギター作品集(リウ・シャンイ)

    スペイン、ベニカシムで開催された「2016年フランシスコ・タルレガ国際ギター・コンクール」で優勝した中国のギタリスト、リウ・シャンイの優勝記念リサイタル・アルバムです。これまでにも数多くの国際コンクールで賞を獲得し、ヨーロッパ、アメリカをはじめとした音楽祭に招かれるとともに、世界各国でリサイタルを行い好評を博しているシャンイ。「北京ギターカルテット」のメンバーとしてアンサンブル活動も積極的に行っています。ここではスカルラッティからピアソラまで国もスタイルも違う小品を次々と披露。その才能を余すことなく見せつけています。●(2017/08/30 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573813

  • 詳細

    D. スカルラッティ/ディアベリ/バークリー/マラツ/バリオス/ロペス・ロペス:ギター作品集(朴葵姫)

    すでに日本では人気者!朴葵姫のリサイタル・アルバムがNAXOSから登場です。韓国仁川生まれの彼女は、3歳の時に横浜でギターを始め、様々なコンクールで入賞を飾り、最近では何枚かのアルバムをリリースして絶大なる人気を獲得しています。彼女は2010年のアグスティン・バリオス国際ギターコンクールと、2012年のアルハンブラ国際ギターコンクールという2つの大きなコンクールを制覇。その快挙を記念してのアルバムリリースです。スカルラッティのソナタは彼女自身の編曲によるもので、鍵盤曲をギター独奏へと編曲する際の困難さは微塵も感じさせない流麗な音楽が楽しめます。あまり聴く機会のないディアペッリのソナタ、近代作曲家のバークリーの作品も、申し分ない演奏であり、これらの作品の美点を余すことなく伝えています。アンコール曲としておなじみのマラツのセレナーデでの胸苦しいまでの切ない響き、ロペス=ロペスでの超絶技巧も聴きもの。圧巻は、バリオスの「森に夢見る」で、曲の中間部では彼女の特筆とも言える美し過ぎるトレモロが存分に胸にしみ込むこと間違いありません!(2013/11/20 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573225

  • 詳細

    ピアソラ/カステルヌオーヴォ=テデスコ/ファリャ/コントレラス:ギター作品集

    2013年、セビリアで行われた国際ギター・コンクール&フェスティバルのライブ録音です。若き才能が炸裂する迫力ある録音です。日本を代表するフラメンコ・ギタリストの徳永健太郎による壮絶な作品に注目です。(2015/03/25 発売)

    レーベル名:Contrastes Records
    カタログ番号:Contrastes12201302

  • 詳細

    ヒメネス/ドビュッシー/アサド/アルベニス/ロドリーゴ/タルレガ:ギター作品集(アギーレ)

    2007年タルレガ・ギター・コンクールで優勝したことにより、既にNAXOSからアルバムが1枚発売されている(8.572064)1984年生まれの若手ギタリスト、アギーレが一層パワーアップして戻ってまいりました。今回は2010年に開催されたアルハンブラ・国際ギターコンクールの優勝を讃えた録音ですが、彼は他にも合計13もの国際コンクールで1位を獲得していて、現代の最も有名、かつ有望なギタリストとして世界中から注目を集めています。今回のプログラムは、ドビュッシーやアルベニスを始めとした「イベリア」の影響を受けた作品を集めたという練りに練った1枚。フラメンコや闘牛など、まさに「血が騒ぐ」曲が集められています。ヒメネスの間奏曲は、山下和仁が編曲した超絶技巧を駆使したヴァージョンであり、こちらも興味深いものです。(2012/05/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572916

  • 詳細

    マラツ/アルベニス/アセンシオ/ガルシア・アブリル/グラナドス/ロドリーゴ:ギター作品集(高木真介)

    神奈川生まれ、マドリッド在住のギタリスト、高木真介(マサユキ)氏の詩情豊かな演奏をじっくりと。タルレガやロドリーゴなどの良く知られた作曲家の作品を中心に、現代スペインの巨匠たちの作品までをバランス良く配した魅力的な1枚です。スペインと日本、この2つの文化の共通項を深く探りたくなるような演奏です。(2013/06/19 発売)

    レーベル名:Verso
    カタログ番号:VRS2124

  • 詳細

    マラツ/ペドレル/グラナドス:ピアノ三重奏曲集(トリオ・アルボス)

    スペイン・ロマン派を生きた3人の作曲家のピアノ三重奏曲集。ペドレルはグラナドスやファリャの教師として知られる作曲家。ローマ留学時代にスペインの古い音楽を知り、トマス・ルイス・デ・ビクトリアの全作品の校訂をしたことでも知られています。憂鬱な雰囲気に彩られた「夜想曲-三重奏曲」が聴きものです。グラナドスの親友マラツの三重奏曲は、自身が優れたピアニストであったこともあり、ピアノ・パートの流麗なパッセージが耳に残ります。第2楽章のゆったりとした旋律が美しく、最終楽章は闊達な動きに終始する華麗な作品です。ほとんど耳にする機会のないグラナドスの三重奏曲は、サロン風の優しい音楽ですが、時折、彼が愛したムーア風やハンガリー風のメロディが聞こえてくるなど、斬新さも盛り込まれています。(2020/01/24 発売)

    レーベル名:IBS Classical
    カタログ番号:IBS-122018