Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



メルツ, ヨハン・カスパール(1806-1856)

Search results:15 件 見つかりました。

  • 詳細

    メルツ:ギター二重奏曲集(メラー/フラティチェッリ)

    プレスブルク(現在はスロヴァキア)の貧しい家庭に生まれたヨハン・カスパル・メルツ(1806-1856)。彼は独学でギターとフルートを学び、若いうちはこれらを教えながら研鑽を積みました。1840年にウィーンに移住し、ようやくコンサートデビューを果たし、当時の皇后に認められてウィーンの宮廷ギタリストに取り立てられます。その後は持病に悩まされながらも、数々の作品を書き、またベルリン、ドレスデン、ロシアを始めとした広範囲な地域で演奏会を行い賞賛を得ました。1856年、50歳の時に心臓病で没しましたが、彼の偉業はのちのギタリストたちにも大きく影響を与えたのです。その一つに「10弦ギター」の使用があり、これはギターの音色に深みと表現力をもたらし、世界を大きく広げたのでした。ここでは彼の最も知られている「吟遊詩人の調べ」の2台ギター版や、「葬儀の挽歌」などを収録。シューベルトを思わせる素朴なメロディも、2台のギターで奏されると格別の味わいを持つものです。(2014/11/26 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573055

  • 詳細

    メルツ:吟遊詩人の調べ Op. 13 (ホルツマン)

    まず曲名を眺めてみましょう。「フィンガルの洞窟」など、気になるタイトルが目に入りますが、この曲集は、あのナポレオンも魅了されたという有名な吟遊詩人オシアンの影響下にあるのです。メルツがウィーンでギタリストとして名を成した1840年頃、既にこの楽器の人気は廃れつつありましたが、メルツはちょうどこの時代に花咲き始めたロマン派ピアノ曲のギター版のような趣きで、このような大作を世に送り出しました。19のようにパガニーニを想起させるショウピースもあります。時代の空気を伝えるという意味で実に貴重な作品と言えるでしょう。ロマン派芸術を深く掘り下げたいという貴方にも必聴です。(2002/05/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554556

  • 詳細

    メルツ/J.S. バッハ/コシュキン:ギター作品集(ガブリエル・ビアンコ)

    各界で熱き視線を一身に浴びる「NAXOS 期待の新進演奏家シリーズ」に、フランス生まれの若きギタリストの登場です。彼の名前はガブリエル・ビアンコ。2008 年GFA 国際コンクールの第1 位を獲得した俊英です。5 歳からギターをはじめ、20 歳の時にパリのコンセルヴァトワールで一等賞を得て卒業。15 歳から世界各地でコンサートを行い高い評価を受けています。繊細な音色と良く回る指、そして旋律の歌わせ方は絶品。このアルバムに収録されたメルツの作品でのすすり泣くような表現には思わず絶句するほどの才能の煌めきを感じます。(2009/07/29 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572306

  • 詳細

    レゴンディ:アリアと変奏/夢 Op. 19/メルツ:吟遊詩人のしらべ Op. 13 (ガレン)

    レゴンディとメルツは共に、19世紀を代表するギタリスト兼作曲家であり、ショパン、メンデルスゾーン、シューマンなどロマン派作曲家のピアノ曲の影響を受けたことや、寿命が50年と短命だったこと(不思議!)などの共通点もあります。音楽も2人ともロマン派の申し子と言えるものです。レゴンディ作品の旋律美は一聴で耳に残ります。2の中間部での、タレルガの名曲「アルハンブラの宮殿」を想起させるトレモロ技法も注目されます。メルツのポロネーズは、ギターひとつで立派にポロネーズとして楽しめます。10の寂寥感など、ギターソロなればこそでしょう。レゴンディは8.554191、メルツは8.554556を併せてお聴きください。(2005/07/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.555285

  • 詳細

    ロマンティック・ギター名曲集(パガニーニ/メンデルスゾーン/シューベルト)(ガルシア)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.550296