Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団

Search results:47 件 見つかりました。

  • シマノフスキ:交響曲 第3番「夜の歌」/交響曲 第4番「協奏交響曲」[DVD]

    (2011/01/26 発売)

    レーベル名:ICA Classics
    カタログ番号:ICAD5017

  • マーラー:交響曲 第8番

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0009

  • ショパン:ピアノ協奏曲 第1番

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0011

  • ショパン:ピアノ協奏曲 第2番

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0012

  • シューマン:ゲーテのファウストからの情景

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0015

  • シマノフスキ:交響曲 第1番&2番

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0021

  • シマノフスキ:交響曲 第3番&4番

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0022

  • ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

    (2012/03/28 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0026

  • ドヴォルザーク:レクイエム Op.89 B165[Blu-ray Audio]

    2人の子どもを相次いで失うというドヴィルザーク(1841-1904)自身の悲しい経験に基づいた「スターバト・マーテル」とは違い、この「レクイエム」はイギリスのバーミンガム音楽祭からの新作依頼に応えて作曲されたものです。彼は1884年と1885年にイギリスを訪れており、1884年にロイヤル・アルバート・ホールで演奏した「スターバト・マーテル」が好評だったため、この作曲依頼が来たのでしょう。曲は1890年の1月から10月にかけて作曲され、全曲は素朴で美しいメロディに満ち溢れており、曲の冒頭には彼が敬愛したバッハの最高傑作「ロ短調ミサ」からの引用もあるなど、渾身の力が込められた大作となっています。通常の典礼文とは一部変更が加えられているため、教会で演奏するよりも、あくまでも演奏会用の作品として位置づけられています。1891年にバーミンガム音楽祭でドヴォルザーク自身の指揮で初演された際は、もちろん大好評を持って迎えられました。古今東西のレクイエムの中では、かなり地味な風情を持っていると指摘されることもありますが、この静かな感動はじっくり聴いてみてこそ味わえるもの。もちろん「怒りの日」は充分な激しさを有しています。このような声楽付きの大作は、ポーランドの名指揮者アントニ・ヴィトにお任せを。清冽な響きが心の隅々まで浸透します。(2014/12/24 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:NBD0046

  • 詳細

    ヴァインベルク:交響曲第8番 「ポーランドの花々」 Op. 83 (ドブロウォルスカ/マルシニク/バルトミンスキー/ヴィト)

    NAXOSレーベルが精力的にリリースを行っている作曲家の一人であるワインベルク(1919-1996)。とりわけ交響曲の録音においては、名指揮者ヴィトの存在が大きいことは間違いありません。さて、この第8番の交響曲は大規模な管弦楽と声楽を必要をするもので、同時に彼における「極めて個人的な独白」が表出される作品でもあります。ポーランドの過去と危うい未来を鑑みて書かれたジュリアン・トゥイム(1894-1953)の叙事詩「ポーランドの花」をテキストにして書かれたこの作品は、戦争の空しさと残酷さ、そして、現代社会にも通じる不安に満ちた社会情勢を描き出した力作であり、最終楽章での微かな希望へと繋がる音楽こそ、当時の彼が求めていたものであることは間違いないでしょう。(2013/03/20 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.572873