Home > CD & DVD > Artists

 CD & DVD/BD



ヴァインベルガー, ゲルハルト(1948-)

Search results:15 件 見つかりました。

  • 詳細

    J.S. バッハ:フーガの技法/主なる神、われらがもとにあらずば/汝の御座の前に、われ進み出で(ワインベルガー)

    最初の5小節のみが現存していたとされる、バッハの初期のオルガン曲「主なる神、我らの側(かたえ)にいまさずして」。今年3月末にこの筆写譜(19世紀後半のもの)がハレ=ヴィッテンベルク・マルティン=ルター大学(MLU)音楽研究所楽理科の2人の研究者によって発見されたことは音楽ファンの間で大きなニュースとなりました。6月10日にハーゼルベックによって公開初演されましたが、録音としてはこちらが世界初となります。(2008/08/06 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777403-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 9 (ヴァインベルガー)

    一聴、とっても地味です(失礼!)。ところが複数回鑑賞するうちに、それは滋味に富むという印象に変わります。何故そうなのか、まずはオルガン選択に理由がありそう。演奏者は18世紀製の3台のオルガンを弾きわけていますが、いずれも「村の教会のオルガン」なのだそうで、およそ威圧的な音とは無縁ながら、インティメート感があります。コラールを珠玉の小品たらしめるのは、この楽器こそかも。もちろん、3台それぞれの個性を確かめるのも、オルガン音楽鑑賞の醍醐味といえるでしょう(教科書的コメント)。(2001/05/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999755-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 11 (ヴァインベルガー)

    ゴットフリート・ジルバーマンは兄弟でオルガン製作者として名高い弟の方で、ドレスデンの聖母教会やフライベルクの大聖堂など、多数のオルガンを建造しています。バッハとジルバーマンは一度だけ一緒に仕事をしたことが知られていますが、それが本当に一度きりだったのかどうかは不明です。しかし、ジルバーマンのオルガンはバッハの作品に理想的な楽器と考えられています。この第11巻では、ドイツ・ザクセンのポニッツ村教会に設置されたジルバーマンのオルガン(1737年製作)を使用し、名手ヴァインベルガーがバッハの神髄に迫ります。(2001/11/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999757-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 13 (ヴァインベルガー)

    冒頭の前奏曲の壮麗なオルガンの響きに「これだよ、これ!」と心の中で叫びたくなる、オルガン・サウンドだけがもたらす幸福に浸れるアルバムです。使用楽器は大バッハがライプツィヒで活動した時代に製作されたもの。シェーンベルクが管弦楽に、ブゾーニがピアノ独奏に編曲した名曲「前奏曲とフーガ変ホ長調」を、とくとご堪能あれ!前奏曲とフーガを続けて演奏せず最初と最後に置き、コラールをサンドイッチする曲順の工夫に奏者のこだわりが。そのコラールでも、多彩な音色のオルガンがハマり役です。(2002/11/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999867-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 14 (ヴァインベルガー)

    (2003/07/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:999868-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 16 (ヴァインベルガー)

    (2004/10/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777019-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 17 (ヴァインベルガー)

    (2006/02/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777153-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 18 (ヴァインベルガー)

    バッハ作品を縁のある街の古いオルガンで弾く、というシリーズの第18弾。今回はなかなか注目されない珍しい作品(偽作の疑いがあるもの)がひとつのポイントであり、J.S.バッハ・ファンはそれだけでも必聴。2つの楽器の音比較も楽しみの一つです。(2006/11/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777135-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 19 (ヴァインベルガー)

    あまりにも有名でありながら近年は偽作説が濃厚になっている「トッカータとフーガ」(ニ短調)をはじめ、確実にバッハ作品であることが証明されていない作品集。しかしながらそのクオリティが極端に低いわけではなく、ヴァインベルガーのような名手の手にかかると立派に聞こえてしまうのがおもしろいところです。 (2007/03/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777186-2

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集 20 (ヴァインベルガー)

    いよいよ大詰めになってきたシリーズ20枚目となる一枚は、18世紀の名オルガンを演奏したものであり、偽作としながらもバッハ特有の威厳を保っている作品集。落ち穂拾い的な内容ですが、バッハ・ファンには貴重な資料的価値もあるでしょう。 (2007/09/01 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777212-2