Home > CD & DVD > Comporsers

 CD & DVD/BD



ブロッホ, エルネスト(1880-1959)

Search results:37 件 見つかりました。

  • 詳細

    ブロッホ:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番/ヘブライ組曲(クレーマー/オーヴァー)

    ユダヤ民族色を強く打ち出した作風で知られるブロッホの音楽は、いずれも濃厚な味わいとテンションの高さで迫り、聴くものの魂を抉るような強烈さに満ち満ちていますが、当盤収録のヴァイオリン音楽の数々も、演奏効果の高さと(ブロッホは大ヴァイオリニストのイザイに教えを受けています)感情表現の深さで傑出しています。特に2つのソナタは素晴らしく、バルトーク顔負けの激しいピアノの打楽器的用法とヴァイオリンの掛け合いが印象的な第1番、サブタイトル「神秘的な詩」がピッタリはまっているエキゾチックで神秘的なムードが魅惑的な第2番と、それぞれ20世紀を代表するヴァイオリン・ソナタといってよいでしょう。(2000/03/01 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.554460

  • 詳細

    ブロッホ:ヴァイオリン・ソナタ第2番「神秘の詩」/ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ/ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ(オストラン/サーロ)

    二つの世界大戦の狭間に生み出された、国籍の違う3つのヴァイオリン・ソナタ集。そのどれもが調性の縛りから解放され、自由な音列に支えられながらも、重苦しくも皮肉めいた感情に揺れ動いています。1922年から1927年にかけて作曲されたラヴェルの作品は、彼最後の室内楽曲であり、作曲に5年も費やしたのは「ムダな音符を削るため」だったとか。「ブルース」と題された第2楽章はジャズそのものです。「神秘の詩」と名付けられたブロッホの第2番のソナタは、瞑想的であり不安と慟哭の音楽です。ヴァイオリン曲をほとんど書かなかったヤナーチェクの唯一完成されたヴァイオリン・ソナタは1914年頃の作品。調性感は希薄なものの、民族色に彩られた旋律はある意味、美の極致でもあり、古典的なものからの脱却を図るも、結局取り込まれている無常ささえも感じさせる問題作です。オストランとサロは15年間に渡ってデンマーク音楽の演奏に力を入れてきましたが、そろそろ全世界を手中に収めるべく「その活動を広める」と宣言しています。(2012/10/24 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100022

  • 詳細

    ブロッホ:ヴァイオリン協奏曲/バール・シェム/ヘブライ組曲(スコティッシュ・ナショナル管/セレブリエール)

    ジュネーヴに生まれた早熟の天才、ブロッホ(1880-1959)はブリュッセル音楽院でウジェーヌ・イザイに師事しました。イザイは彼の才能をすぐさま見抜き、その音楽性を追求するように説得したといいます。このヴァイオリン協奏曲は、ブロッホがニューメキシコを訪問した時に耳にしたアメリカインディアンの歌を主題とし、そこに彼らしい「聖書を通じて感動し打ち震える魂の叫び」を加えた知られざる名曲です。この録音によってファンが増えることでしょう。(2008/01/16 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.557757

  • 詳細

    ブロッホ:ヴィオラと管弦楽のための組曲/バール・シャム/ヘブライ組曲(シャオ・ホンメイ/MAVブダペスト響/スモリー)

    ブロッホ(1880-1959)の「バール・シェム」は、彼の「ユダヤの魂」を象徴するような作品であり、18世紀に開始された「敬虔主義運動・・・ハシディズム」の創始者バアル・シェム・トーブに着想を得た曲です。本来は1923年、ヴァイオリンとピアノのために書かれ、その16年後にヴァイオリンと管弦楽のために編曲されました。このアルバムでは、それを更にヴィオラのためにとヴィオラ奏者ホンメイ自身が移し替え、類稀れなる美音で聴かせます。調性は変更されていないので、演奏自体はかなりの困難を極めるものと想像されますが、ひたすた落ち着いた音色が美しく、また時には夢心地にと、この作品の新しい魅力をみせてくれています。また「ヘブライ組曲」、「ヴィオラと管弦楽のための組曲」のどちらも、やはりユダヤ的な題材を扱ったものであり、まさにブロッホの心の歌と言えるものです。(2013/07/19 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.570829

  • 詳細

    ブロッホ:海の詩/涅槃/イン・ザ・ナイト/アンティファヌ(カッシャイ)

    (1987/10/01 発売)

    レーベル名:Marco Polo
    カタログ番号:8.223288

  • 詳細

    ブロッホ:海の詩/ヴァイオリン協奏曲/荒れ野の声(ボロン/ベルリン放送響/ユロフスキ)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67071

  • 詳細

    ブロッホ:交響曲 嬰ハ短調/海の詩(ロンドン響/アトラス)

    スイス出身のユダヤ人作曲家ブロッホ(1880-1959)と言えば「バール・シェム」や「ヘブライ組曲」などの民族色の濃い作品ばかりが思い起こされますが、このアルバムの2つの作品は、どちらかというとドイツ後期ロマン派、ブルックナー、マーラー、R.シュトラウスの伝統を汲むものです。それもそのはず、交響曲 嬰ハ短調は彼がドイツに留学していた20歳のころに書かれたもので、天才的な才能の萌芽と、後の深淵な思想が混在する力作であることは間違いありません。あのロマン・ロランが大絶賛したという素晴らしい作品です。もう1曲の「海の詩」はもともとピアノのために書かれた作品で、あのウォルト・ホイットマンの詩に触発されたものです。通常、ピアノのために書かれた版が演奏されますが、この作曲家自身による管弦楽版も、ドビュッシーの「海」と肩を並べる名作と言えるでしょう。刻々と表情を変える波、瞑想と静けさ、七色に光る水面…海からは驚くほど多くの表現が生まれます。イスラエル生まれの女性指揮者アトラスは、ブロッホのスコアを完全に再現し、その隠された魅力を顕わにします。(2013/10/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573241

  • 詳細

    ブロッホ:交響曲 変ホ長調/マクベス - 2つの間奏曲/3つのユダヤの詩/イン・メモリアム(ロイヤル・フィル/アトラス)

    エルンスト・ブロッホはスイス出身のユダヤ人作曲家で、主にアメリカで活動したとされています。若い頃はジュネーヴで学び、イザイにヴァイオリンを学び、フランクフルトで研鑽を積み、更に一時はパリにも住み、その後は1916年からアメリカに渡り、様々な場所で活躍、1924年にはアメリカの市民権を獲得します。彼はオーケストラや室内楽団のために30ほどの作品を書き、その中にはとびきりの傑作も含まれています。歌劇「マクベス」の交響的間奏曲は、30年近く前に完成を見た歌劇を見直したブロッホが、プログラムノートに手を入れ、2つの幕間の間奏曲を付け加えたというもの。曲全体のライトモティーフが使われた色彩感豊かな作品です。1955年に完成された交響曲は、彼自身においても自信作であったようで、曲についての詳細な説明を友人であるA.チャップマンに送っています。そこには第1楽章から第4楽章までの楽想の移り変わりと感情推移が記され、演奏するためにも素晴らしい手引きとなっています。短い「イン・メモリアム」は彼の友人であったピアニスト、エイダ・クレメントに捧げられたもの。3つのユダヤの詩は彼の「ユダヤ・ツィクルス」の一つの作品で、ユダヤの伝統的な旋律を引用し、素晴らしいオーケストレーションを施した表現的な作品であり、ブロッホの面目躍如と言った感のあるものです。(2014/07/23 発売)

    レーベル名:Naxos
    カタログ番号:8.573290

  • 詳細

    ブロッホ:交響詩「冬 - 春」/秋の詩/前奏曲と2つの詩篇/夜に/詩篇第22番(ルクセンブルク・フィル/シャーロン)

    (2012/12/19 発売)

    レーベル名:Timpani
    カタログ番号:1C1149

  • 詳細

    ブロッホ:交響詩「冬 - 春」/プロクラメーション/秋の詩/組曲(コシュ/ベルリン・ドイツ響/スローン)

    (2009/04/01 発売)

    レーベル名:Capriccio
    カタログ番号:C67076