Home > CD & DVD > Labels > Willowhayne Records

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:33 件 見つかりました。

Willowhayne Records: アルバム一覧

  • 詳細

    コールリッジ:レクイエム(RSVPヴォイシズ/G. ジョンストン/ファー/R. ジョンストン)

    英国合唱界期待の新進作曲家マシュー・コールリッジが、2016年に初めて書いた大きな作品である『レクイエム』は、多くの人々の感動を呼び、ネヴィル・マリナーをして「21世紀の最も重要な合唱作品」と言わしめるほど。オケゲムの同作を連想させる美しさという、高い評価を得ています。(2020/03/20 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR062

  • 詳細

    ジャクソン:オルガン作品集(スウィントン)

    イギリス、ヨークシャー出身のオルガニスト、作曲家で長くヨーク・ミンスターのオルガニストを務めたフランシス・ジャクソンの100歳を記念して録音された作品集。英国らしい清々しさも感じさせる正統的なオルガン曲です。(2023/12/22 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR065

  • 詳細

    スケペナイト:バタフライ・プレリュード/ムーンドランク/エオリアン・チャント/アビスディーリー湖/オーヴァーフォールズ/NGC 6611 (スケペナイト)

    ドイツ生まれのコンポーザー・ピアニスト、ホルガー・スケペナイトは8歳でクラシック・ピアノを始め、14歳でジャズ&ブルースに転向し、1997年にイギリスに渡って音楽をさらに学びました。様々なジャンルのミュージシャンと共演する他、テレビや映画のための音楽も書き下ろしています。ここに収められた15曲は、2020年に世界を襲ったパンデミックとロックダウンの孤独の中で作られたピアノのための作品。いずれもリリカルな曲想ですが過度のメランコリックに陥ることはなく、前向きな美しさを湛えているのが大きな魅力です。(2023/12/22 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR069

  • 詳細

    スケペナイト:ピアノと弦楽のための音楽

    ドイツ生まれのピアニストで、キーボード奏者、作曲家としても活躍するスケペナイトは8歳でクラシック・ピアノを始め、14歳でジャズ&ブルースに転向し、1997年にイギリスに渡って音楽をさらに学びました。様々なジャンルのミュージシャンと共演する他、テレビや映画のための曲も書き下ろしています。このアルバムは抒情的な魅力に溢れ、クラシカルでありながらモダンで、映画音楽のようでもあります。ストーリーテリングのセンスは抜群で、流れるようなピアノのテクスチュア、豊な弦楽器の音楽語法とリリカルなメロディラインで、孤独と瞑想が交互に表現された穏やかな音楽の世界が広がります。(2020/08/14 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR061

  • 詳細

    スミス:ウィークエンド/情景(チェコ・ナショナル響/スミス)

    王立音楽大学で作曲を学んだスミスは、アンドレア・ボチェッリ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスから、エルヴィス・プレスリー、アレサ・フランクリン、バート・バカラックなどと共に仕事をしている作曲家・編曲家。近年では2Cellosとも共演しており、2012年ロンドン・オリンピックの開会式の指揮も行っている大御所です。この「恋人たちの週末」と題された作品は、フランスに暮らす、あまり裕福とはいえない恋人たちを想定し、それぞれがお互いを想う気持ちが音楽で表現されています。甘く切ない、上質のイージーリスニング・ミュージックです。(2019/01/18 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR057

  • 詳細

    デュプレ/フルーリー/ホスキング/カルク=エーレルト:オルガン作品集(ホスキング/クロフト/グリフィス/ハント)

    ウェールズのセント・アサフの大聖堂にある、200年近い歴史を持つオルガンを使用したアルバム。様々な形式の作品を収めていますが、この大聖堂の副音楽監督と聖トリニティ教会の音楽監督を務めるオルガン奏者ホスキングの自作も、祈りに満ちたたいへん美しいものです。(2020/01/31 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR058

  • 詳細

    バークリー/L. ブーランジェ/プーランク:ヴァイオリンとピアノのための作品集(バック/スターン)

    英国の作曲家レノックス・バークリーは、国内で学んだ後にフランスに渡りナディア・ブーランジェの教えを受け、プーランクほか当地の作曲家たちと広く交流を持ちました。英国音楽特有の清涼感と伸びやかさの中に、フランスのウィットが感じられる魅力的な作品を残しています。リリ・ブーランジェとプーランクによる作品も収録し、その影響を探る1枚。(2023/12/22 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR070

  • 詳細

    J.S. バッハ:オルガン作品集(キナストン)

    バイエルン州の都市アモールバッハ。この街の起源でもある修道院には、ヨハン・フィリップ・シュトゥム(1705-1776)とヨハン・ハインリヒ・シュトゥム(1715-1788)の兄弟により制作された、三段鍵盤と46のストップを持つ最大のシュトゥム・オルガンがあります。200年以上の歴史を持つこの楽器は、度重なる修復と改修を経て現在まで大切に使われており、南部ドイツにフランスの技法も取り入れたシュトゥム家によるオルガン作りの代表とされる重要なものです。この歴史的な楽器を用いてワイマール時代を中心としたバッハ作品を奏でるのは、英国のオルガン奏者ニコラス・キナストン。通好みのする選曲を、柔らかなものを中心としたストップ選択で美しく聴かせています。レーガーがオルガン用に編曲した「半音階的幻想曲とフーガ」の収録も嬉しいところ。(2019/01/18 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:LCSCD006

  • 詳細

    J.S. バッハ/C.P.E. バッハ/シーボーン:ピアノ作品集(トッカータとファンタジア)(リフシッツ)

    【リフシッツ待望のトッカータ全曲は、現代英国の作曲家シーボーンとのコラボレーション!】ウクライナ第2の都市ハリキウ(ハリコフ)に生まれたリフシッツ。バッハは当初から重要なレパートリーの一つで、1994年に録音したゴルトベルク変奏曲は大きなセンセーションを巻き起こしました。これまでにフーガの技法や音楽の捧げもの、ピアノ協奏曲全集などをOrfeoに録音してきたリフシッツの最新作は、2022年5月の東京公演でもとりあげるバッハのトッカータに、イギリスの作曲家ピーター・シーボーンの作品を組み合わせたもの。リフシッツはこのプログラムで、千変万化する音のテクスチャーとテンポによってピアノ演奏における技巧の魅力と心の深くに訴える力の両方を伝えることを狙ったそうです。1曲だけ収録されたC.P.E.バッハのファンタジアもリフシッツの本領が遺憾なく発揮され、大胆かつダイナミックな楽想の変化を聞かせます。(2022/07/15 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR073

  • 詳細

    J.S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 - 第3番(カルバーリョ)

    イギリス、イタリア、ドイツ、ロシアとヨーロッパ各地のコンクールでの入賞歴を誇り、英国サセックスの弦楽合奏団、アンサンブル・レザの音楽監督を務めるパヴロス・カルバーリョによる無伴奏第1弾。堂々とした深い歌い込みと、豊かな表現がたいへん魅力的です。(2022/12/23 発売)

    レーベル名:Willowhayne Records
    カタログ番号:WHR072