Home >

「OTTAVA」番組内にて「What’s New! NAXOS」コーナー開始

ottava-naxos



インターネットラジオ「OTTAVA」にて
“What’s New! NAXOS”コーナーがスタート!


初回放送 11月11日(土)13時~「OTTAVA Navi」内



インターネットラジオ「OTTAVA」の土曜日の番組「OTTAVA Navi」(13時~)にて、
月に1度、クラシック音楽レーベルNAXOSのコーナー
What’s New! NAXOS”がスタートいたします。

毎回、Naxos Japanのスタッフが、新譜をはじめとしたさまざまな音源をご紹介。

番組内で登場したアルバムは、楽天ナクソスミュージックストアにて
お手頃な価格でお求めいただけます。ぜひ、セール情報もチェックしてみてください。




●最新放送分 2017年11月11日(第1回)


♪放送アーカイブ





♪放送で紹介したアルバム



新譜からのオススメアルバム


8.573435 プロコフィエフ:少年時代の手稿集

【商品番号】8.573435 
【演奏】アレクサンダー・ドッシン(ピアノ)
【レーベル】NAXOS

rakuten rakuten


※特別価格1,000円(税込)で販売!
(11月11日13時~)



プロコフィエフが最初に曲を作ったのは5歳の時。そのヘ長調の小品は母親の手で譜面に書き起こされ「インドのギャロップ」を名付けられました。その後も才能を遺憾なく発揮。10歳になる前に2作のオペラを手掛けたとされています。そして、プロコフィエフが本格的に作曲を学ぶのは11歳になってから。最初の師ポメランツェフは彼に何も有益な情報をもたらすことはありませんでしたが、次に師事したグリエールは、巧みな手さばきでプロコフィエフを指導。このアルバムに収録されている楽しい一連の「手稿集」を書き上げ、この成果をもって13歳の若さでサンクトペテルブルク音楽院に入学を果たしました。 この曲集がいかに優れているかを知るには、青年時代に作曲した2つの曲集「年老いた祖母の物語」と「6つの小品」とを聴き比べてみてください。10代のプロコフィエフがどれほど自身の作風を確立していたのかを知ることができます。

⇒その他の2017年10月27日発売新譜はこちら



その他のオススメアルバム


8.573435 イギリス弦楽小曲集 第6集

【商品番号】8.557753 
【演奏】ギャヴィン・サザーランド指揮/ロイヤル・バレエ・シンフォニア
【レーベル】NAXOS

rakuten rakuten



※特別価格1,000円(税込)で販売!(11月11日13時~)


8.573435 トゥリーナ:セビーリャ交響曲/交響詩「幻想舞曲集」
【商品番号】8.555955
【演奏】マックス・ブラガド・ダルマン指揮/カスティーリャ&レオン交響楽団
【レーベル】NAXOS

rakuten rakuten



※特別価格1,000円(税込)で販売!(11月11日13時~)


8.573435 ハープ独奏のための音楽

【商品番号】8.555791 
【演奏】エリザベス・ハイネン(ハープ)
【レーベル】NAXOS

rakuten rakuten



※特別価格1,000円(税込)で販売!(11月11日13時~)



●次回放送


次回放送は12月の予定です。お楽しみに!








NAXOSレーベルとは

クラシック、ジャズなどの膨大な音楽コンテンツを保有するレーベル。
自らも熱烈なクラシック音楽愛好家であったクラウス・ハイマンによって
1987年、「価値合理性」と「消費者本位」を理念にスタート。
既存メジャー・レーベルのスター主義では実現できない
知られざる名曲の体系的な商品化(=カタログ主義)が大きな反響を呼び、
世界中に熱烈な支持者を生み、グラミー賞でも数々の受賞歴を持つ。
2017年に創立30周年を迎えた。