Home > CD & DVD > Labels > Arthaus Musik

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:738 件 見つかりました。

Arthaus Musik: アルバム一覧

  • メノッティ:3幕の歌劇「ゴヤ」[DVD]

    (2011/10/12 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101576

  • ダニエル・バレンボイム ~ショパン:ピアノ協奏曲集[DVD]

    (2011/10/12 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101577

  • マイール:歌劇「コリントのメディア」[DVD]

    最近、その作品の復興が著しいシモーネ・マイール(ジモン・マイール、1763-1845)。彼はドイツで生まれ、神学を学んだ後、イタリアに留学しベルガモ大聖堂の終身教会学長となり、同地の音楽界の中心人物となった人です。生涯に約70曲のオペラを作曲しましたが、その作品はほとんど忘れられていました。この「コリントのメディア」は1813年にナポリで初演された作品で、当時大変な人気を誇り、彼が生涯を終えるまでは、ヨーロッパの主要な劇場で何度も再演されたという記録が残っています。ギリシア神話に登場する魔女メディアの物語は多くの芸術家の心を捉え、マイールと同時代の作曲家ケルビーニも、同じ素材でオペラを書いています(ケルビーニは歌劇「ロドイスカ」でもマイールと同じ素材を使っています)。わが子を手にかけるというその残忍さと、そしてその奥底に潜む愛と力の拮抗関係は、確かに興味深いものがあります。ノイエンフェルスの演出は、この作品を現代的なスリラーと位置づけ、残忍な場面を交えながら、力に対する渇望を鮮烈に描きだします。ここで猛女メディアを演ずるのは、注目のソプラノ、ナージャ・ミヒャエルです。彼女はあの「凄すぎる」サロメで少女と成熟した女性の端境期に発するエロティシズムを見事に歌いあげましたが、ここでも、得意のコロラトゥーラを生かし、夜の女王を更に強烈にしたかのような激しいアリアを歌います。ヴァルガスのジアゾーネは、その優柔不断さが裏切りにつながってしまうのだな・・・と納得させてくれる素晴らしい歌唱で、そのほかの出演者も文句なしの歌を披露します。ボルトンは、いつもの如くオリジナル奏法を取り入れた軽快な音楽作りで、この作品が古典派のものであることを再認識させてくれるのです。2010年 ミュンヘン ナショナル・シアター ライブ収録/収録時間:151分+48分/音声:《DVD》ステレオ2.0/DD 5.0/字幕:伊(オリジナル・ヴァージョン)、独、英、仏、西、日、中、韓/画面:16:9(2011/11/09 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101578

  • キリアンの秘密

    (2011/12/14 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101579

  • ダナエの愛 DVD

    (2011/12/14 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101580

  • ブルックナー:交響曲 第8番 ハ短調 1887年版(第1稿のノヴァーク校訂版)[DVD]

    1.ブルックナー:交響曲第8番ハ短調/《ボーナス映像》ディー・ペリー&フランツ・ウェルザー=メストによるプレ・コンサート・トーク2010年8月クリーブランド セヴェランス・ホールライヴ収録/収録時間:本編95分+ボーナス17分/音声:ステレオ2.0/ドルビー・デジタル5.1サラウンド(DVD)/字幕:英語(ボーナス映像)/画面:16:9ブルックナーの最高傑作、交響曲第8番はまさに「神の領域」に達したかのような荘厳で壮麗な音楽です。1887年に完成されたこの曲は、最初ブルックナーが「我が芸術上の父」として慕った指揮者ヘルマン・レヴィに届けられましたが、レヴィは無情にも「この曲は演奏困難である」と返事をしたのです。そのため、ブルックナーは作品を前面改訂し、曲のほとんど全てに手を加えました。こちらは「1890年第2稿」と呼ばれ、現在は大抵こちらのヴァージョンによって演奏されますが、ウェルザー=メストは敢えて、1887年の初稿版(後に研究者ノヴァークが校訂)によって演奏を行っています。第7番の映像(101481)と同じく、世界で最も美しいと言われるセヴェランス・ホールでのライヴ収録です。(2011/05/18 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101581

  • サシャ・ヴァルツ: ケルパー[身体] 三部作より第3部「noBody」[DVD]

    サシャ・ヴァルツの「ケルパー(身体)」三部作の第3部「noBody」。彼女は前2作では基本的に人間の体そのものに焦点を当てていましたが、こちらは人類の存在についての「形而上学的」な質問を投げかけます。身体の不在に対処し、身体に対峙することで、我々の内に潜む生と死を認識し、そして肉体そのものを意識するようにと呼びかけるのです。踊り手たちは不可思議な動きを求められ、ある者は静止し、あるものは痙攣を繰り返すかのような小刻みな動きを繰り返します。叫ぶ者、衣服を切り裂く者、非日常的とも思える個人の行いは、人々の群れの大きな流れの中に飲み込まれ撹拌され、いつしか混じり合っていきます。たくさんの内容が詰まっていますが、これを全て理解するためには長い時間が必要なのかもしれません。ポーナス映像で、サシャ・ヴァルツの意図が少し見えてくるはずです。(2012/12/19 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101583

  • サシャ・ヴァルツ:「ケルパー」三部作より第2部「S」[DVD]

    サシャ・ヴァルツの[三部作]の第2部「S」。さてこの意味深なタイトルが表わすものを知りたければこの映像をご覧ください。もしくは「S」で始まる単語をたくさん頭に思い浮かべてください。セックス(Sex),黒(Schwarz),甘い(Suss),眠り(Schlafen),センス(Sinn),立つ(Stehen),罪(Sunde)…まだまだ尽きません。サシャ・ヴァルツはあえて「S」の言葉を特定せず、これらの総合的なイメージを抱くように、と語ります。物語は大きく3つにわかれていて、それぞれ「身体への愛」「動き」そして「過去-現代-未来」が象徴的に描かれています。舞台上でうねる裸体の群れはエロティックさではなく、何か畏敬の念を抱かせ、また舞台へ投影される映像は生身の身体と戯れつつ、見る者に多くの示唆を与えます。上演時は常に賛否両論を巻き起こす問題作、この66分からあなたは何を感じ取るのでしょう。 ※ボーナス…サシャ・ヴァルツとダンサーたちへのインタビュー ※101507の分売(2012/11/21 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101584

  • マギフィーク DVD

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101585

  • Le Songe~夢[DVD]

    (2011/10/12 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101586