Home > CD & DVD > Labels > Arthaus Musik

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:738 件 見つかりました。

Arthaus Musik: アルバム一覧

  • 椿姫 DVD

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101587

  • DIE ROTE ZORA

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101588

  • モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」[DVD]

    モーツァルト(1756-1791)の最高傑作の一つ、ダ・ポンテの台本による「フィガロの結婚」です。この作品の正式名称は「La Folle journee, ou le Mariage de Figaro」であり、人気沸騰の音楽祭の名称もここから取られているのです。まさにドタバタ劇ですが、裏では貴族社会を痛烈に批判しているため、何度も上演禁止になっているという代物でもあります。さて、このような名作になると、様々な演出が施され、深遠なる読み替えも幾度となく行われているものですが、ヨーロッパ屈指の名演出家ストレーレル(1921-1997)によるこの演出は、1981年のプレミエ(この公演はムーティが指揮しました)からずっと変わらないという、まさにイタリアの伝統を伝える格調高いものです。ダルカンジェロの奥行のあるフィガロ、人気絶頂のダムラウによるスザンナ。スパニョーリの伯爵や、オルサッティの伯爵夫人も見事な歌唱を聞かせます。ダムラウのスザンナは、現代的な強さを持った頭の切れる女性像を描き出し、この作品の普遍性を際立たせることに成功しています。2006年 ミラノ・スカラ座 ライブ収録/収録時間:187分/音声:ステレオ2.0/DD 5.1/字幕:伊(オリジナル・ヴァージョン)、英、独、仏、西、韓、日/画面:16:9(2011/11/09 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101589

  • レハール:パガニーニ

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101592

  • サロメ DVD

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101593

  • トスカ DVD

    数あるオペラの中でも唯一無比の人気を誇るこのオペラ「トスカ」。若く美しい歌姫とその恋人の悲劇の物語です。情熱的で一途な歌姫トスカ。他の女性をモデルに聖人像を描いたため、恋人トスカからあらぬ疑いをかけられてしまう画家カヴァラドッシ。そのトスカをわが物にせんと悪辣な罠を仕掛けるローマの警視総監スカルピア。この3人を中心に、燃え上がる愛と陰謀の物語は悲劇的結末へと秒読みを始めます。「妙なる調和」「歌に生き、愛に生き」「星は光りぬ」などの数々の名アリアを始め、精緻なオーケストラの響き、美しい舞台風景など見せ場の多い名作で、演じ手により、多種多様な愛の模様が浮かび上がる奥の深い演目です。
    この2010年のフェリーチェ劇場の公演は、主役の恋人2人に、オペラ界有数のパワーカップルであるダニエラ・デッシーとファビオ・アルミリアートを起用し、濃厚な愛の世界を描き出します。熱く見つめあう2人の双眸に宿る炎はまさに真実の輝きを有しています。また、この公演で用いた装置は、1899年の初演時にアドルフ・ホーエンシュタインがデザインしたオリジナルに基づいた歴史的なもので、重厚な応接セットを見るだけでも、当時の社会に興味が沸くのではないでしょうか?(2012/04/11 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101594

  • シモン・ボッカネグラ DVD

    (2012/02/08 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101595

  • カールマン:サーカスの女王

    20世紀初頭、ロシアのサーカス団では花形曲馬師「ミスターX」が名声を博しています。彼のファンの一人であるフェドーラは資産家の未亡人であり、ロシア皇帝から「ロシア人と早く結婚するように」と言われています(なぜなら彼女が他国の男と結婚すると、その莫大な資産が流出してしまうからです)。フェドーラに夢中なゼルギウス公、女性曲馬師メイベルに思いを寄せるトーニを交え、お話は混迷を極めていきます。ミスターXの正体は?フェドーラは誰の元へ?甘く切ないメロディが、全編を優しく包みあげます。
    レハールの次世代を代表するハンガリー出身のオペレッタ作曲家、カールマンは甘いメロディと、ウィンナ・ワルツとハンガリーのチャールダーシュの融合により名声を馳せました。ドイツ風の名前を名乗りながらも、やはりその心はハンガリーにあったのか、作品の中に流れる民族的な雰囲気が強く、日本人の心にしみこみやすさも、その辺りに由来しているのかもしれません。この「サーカスの女王」は話の運びは強引ですが、ちょっぴり涙をさそう筋立ては、やはり素晴らしいものです。ルドルフ・ショックの完璧な歌唱が物語をぴりりと引き締めます。(2012/04/11 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101596

  • フィデリオ

    1912年11月7日、ベルリン市立歌劇場としてオープン(音楽監督:イグナーツ・ワーグハルター)し、以降、たびたび名称を変更し、またブルーノ・ワルター、アルトゥール・ローターを始め、数多くの大指揮者を監督とし、その歴史を紡いできた旧西ベルリン唯一の歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ。1943年には空襲で建物が破壊されるも1961年に再建され、その際にはフリッチャイの「ドン・ジョヴァンニ」でこけら落としが行われました。この模様は映像(ARTHAUS101574に収録)でもご覧になれますが、こちらは創立50周年を記念する公演にまつわる映像が収録されています。指揮者のアルトゥール・ローターは空白期間はあるものの、1934年からずっとこの歌劇場に関与し、多くの演奏を行ってきた人です。公演曲目は「フィデリオ」。これは1912年のオープン時を同じ演目であり、まさしく歴史的瞬間を飾るのにふさわしい作品です。演じる歌手も細心の注意を払って選ばれており、当時駆け出しとはいえ、すでに国際的名声を得ていたクリスタ・ルートヴィヒ、メトロポリタン歌劇場で名を馳せていたジェームズ・キングと当時33歳の新鋭ヴァルター・ベリー、そしてバイロイトを中心に活躍していたヨーゼフ・グラインドルと、当時最高の「ドイツ・オペラの歌い手」が集結したのです。作品自体が紆余曲折して出来上がったせいもあり、なかなか全曲を徹底的に練り上げることが困難なオペラですが、この演奏はムダのない演出と巧みな歌手たちのおかげで、素晴らしい出来栄えを誇っています。(2012/04/11 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101597

  • アイーダ DVD

    エジプトにエチオピア軍が迫る時、神託によって司令官に選ばれたラダメスは、愛する奴隷アイーダに、勝利を誓います。しかし、アイーダの本当の素性は、敵国エチオピアの王女。父と恋人の戦いに心を痛めます。また、エジプトの王女アムネリスはラダメスに心を寄せており、アイーダに激しい嫉妬の炎を燃やしています。エジプト軍は勝利し、アイーダの父アモナズロは捉えられ、父と娘はエフジプトを離れることを決意するのですが、愛に心を奪われてしまったラダメスが軍の秘密を口にしてしまったことで、彼は裁判にかけられ「生き埋めの刑」が宣告されるのです。そしてアイーダも彼の元へ・・・
    多くの人は、華やかな「凱旋行進曲」に耳を奪われ、もしかしたら、このオペラが悲劇であるということを認識していないかもしれません。しかし、もう一度、最初から最後までじっくり味わってみてください。男女の悲恋を通して、エジプトとエチオピア、2つの大国の争いが見えてくるはずです。円熟期のヴェルディが「ドン・カルロ」の次に書こうとしたオペラは、最初の台本探しから難産を極めました。パリ在住の台本作家、デュ・ロクルはヴェルディに多くの戯曲や小説を送るも、なかなか興味を示さず、「喜劇はイヤ」とか「グランド・オペラは筋が一貫してない」など文句をつけまくり、ようやく「古代エジプト」を背景とした、架空の物語に興味を持ちました。多くの条件をクリアして出来上がったのが、この「アイーダ」です。
    この演奏はズービン・メータの確固たる指揮のもと、極めて的確に演奏されています。タイトル・ロールのヘー・ホイ(和慧)は中国のソプラノで、力強い声と表現力を持ち、今後が期待される若手の一人と目されます。ベルティ、ディンティーノも情熱的で最上の歌を聞かせます。
    また、フェルザン・オズペテクはトルコ共和国出身の脚本家、映画監督で、オペラ演出はこの作品が初となります。彼の独特の思想や人間観が表出されたこの演出は、男女の愛の形を越えた「何か」を見る人の心に深く植え付けてくれるかもしれません。(2012/04/11 発売)

    レーベル名:Arthaus Musik
    カタログ番号:101598