Home > CD & DVD > Labels > CPO

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:1364 件 見つかりました。

CPO: アルバム一覧

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・コンチェルティーノ Op. 42/交響曲第10番(ノヴィツカ/ポーランド放送アマデウス室内管/ドゥチマル/ドゥチマル・ムロツ)

    cpoレーベルが進めているシリーズの一つに、ポーランド、ロシアの作曲家ヴァインベルク(1919-1996)の重要な作品集があります。ショスタコーヴィチとの関連性で知られる人ですが、その作風には確かに似通ったところがあるものの、かなり抒情的で、また標題性があることでも知られています。このアルバムには初期の作品であるヴァイオリンの協奏的作品と、やはり協奏的でありながら「交響曲」と名づけられた実験的な作品、そして「モルダヴィアの主題による狂詩曲」は失われてしまったと言われるヴァージョンをポーランドのヴァイオリニスト、作曲家ノヴィッカが復元したものを収録。ノヴィッカはヴァインベルクの諸作品を初演したことでも知られる名手であり、ここでも説得力ある演奏を繰り広げています。(2015/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777887-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ第4番、第5番/3つの小品(シュテファン&アンドレアス・キルパル)

    ショスタコーヴィチの親友であり、完璧なる理解者とされるヴァインベルクのヴァイオリン作品集です。ここに収録されたソナタは、第4番は確かにショスタコーヴィチの影響を受けてはいるものの、第5番における独創性はヴァインベルクが到達した境地とも言えるものでしょう。ユダヤの伝統音楽にしっかりと根ざした幅広く歌うメロディ、考え抜かれた楽曲の構成、とりわけ終楽章におけるデモーニッシュなフーガなど、ヴァインベルクの作品における最高峰と呼んでも差支えないでしょう。(2009/10/28 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777456-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:ヴァイオリンとピアノのための作品集 2 (シュテファン&アンドレアス・キルパル)

    ショスタコーヴィチの親友として知られる作曲家ヴァインベルク(1919-1996)。ポーランドに生まれ、ワルシャワ音楽院に学んだ後、第二次世界大戦が勃発したためソヴィエトに亡命、この地で活躍の場を見い出すこととなります。しかし激動の時代、ソヴィエトは決して住みやすい場所ではなく、彼の作品も全面的に評価されたとは言いがたい状況でした。最近、ようやくヴァインベルクの作品に注目が集まるようになり、次々と録音がリリースされ、色々な作品を実際に耳にすることができるようになりました。このcpoの「ヴァイオリンとピアノのための作品集」もそんなシリーズの一つ。彼の残した8曲のヴァイオリンソナタのうち、無伴奏を除いたソナタをはじめ、いくつかの小品が収録されています。ヴァインベルク自身はヴァイオリンを演奏することがなかったのですが、楽器の性能は熟知していたようで、どれも優れた技巧と抒情的なメロディを持った見事な作品となっています。(2016/10/21 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777457-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:弦楽四重奏曲集 1 - 弦楽四重奏曲第4番、第16番(ダネル弦楽四重奏団)

    ポーランド生まれのヴァインベルクは戦争中にロシアに亡命、ショスタコーヴィチと親交を深めたことで知られています。弦楽四重奏曲は全部で17曲あり、暗さを秘めた曲想は以前から一部のファンの間で人気が高く、今回の全集も待ち望んでいた人が多いことでしょう。(2007/12/12 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777313-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:弦楽四重奏曲集 2 - 第7番、第11番、第13番(ダネル弦楽四重奏団)

    第1集(777313-2)が静かなブームとなった、ショスタコーヴィチの友人ワインベルクの弦楽四重奏曲集第2集です。ユダヤの民族音楽から12音まで、幅広い要素を含んだ彼の作品はショスタコーヴィチに高く評価され、ことある事に「この音楽はいい」と推薦したと言われてます。恐らく2人の音楽語法やインスピレーションの源泉はとても近いところにあったのでしょう。暗さと重さ、そして美しさを伴った弦楽四重奏曲、このアルバムでも3曲お聴きいただけます。(2008/11/12 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777392-2

  • ヴァインベルク:弦楽四重奏曲集 3 - 第6番、第8番、第15番(ダネル弦楽四重奏団)

    (2009/11/25 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777393-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:弦楽四重奏曲集 4 - 第5番、第9番、第14番(ダネル四重奏団)

    (2010/09/15 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777394-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:弦楽四重奏曲集 6 - 第2番、第12番、第17番(ダネル四重奏団)

    (2012/07/11 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777587-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:弦楽四重奏曲全集(ダネル四重奏団)

    最近話題沸騰中。ヴァインベルク(1919-1996)の弦楽四重奏曲全集がお求めやすい価格での登場です。ショスタコーヴィチの弟子であり親友であったヴァインベルクは、自身も騒乱の人生を送りながら、多くの作品を世に生み出しました。その中でも弦楽四重奏曲は傑作が揃っており、どれもが、当時のロシアの不安定な雰囲気を湛えつつも、それを乗り越えるパワーも有した聴きごたえのある作品となっています。ベルギーの実力派ダネル弦楽四重奏団の納得の演奏でお楽しみください。(2014/04/23 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777913-2

  • 詳細

    ヴァインベルク:子どもの手帳第1集 - 第3集/ピアノ・ソナタ第1番(ブルーミナ)

    チェロの作品などで最近めきめき知名度を上げている作曲家、ヴァインベルクのピアノ作品集です。彼は20歳の時に最初のピアノ・ソナタを作曲しましたが、それは若者の作品としては恐ろしいまでの完成度を持ち、情緒的な深さと音楽的な成熟を宿したものでした。このアルバムでその才能を感じてみてください。3冊からなる「子どものための手帳」は1944年から45年にかけて作曲されたもので、彼の12歳の娘、ビクトリアに捧げられています。古今東西の「子どものために」書かれた曲集を凌駕する内容を持ち、技術的な難易度は(それほど)高くなくとも、内容の充実度はばっちり。聴いているだけでも楽しいちょっとムソルグスキーを思わせる曲集です。(2011/02/16 発売)

    レーベル名:CPO
    カタログ番号:777517-2