Home > CD & DVD > New Releases

 CD & DVD/BD



New Releases - 2017年09月 発売タイトル

Search results:68 件 見つかりました。

  • シェークスピア:《シンベリン》[DVD]

    古代ブリテンの王シンベリンの一人娘イノージェン。彼女は父の許可なく幼馴染のポステュマスと結婚したため、王の怒りを買い、夫ポステュマスはイタリアへ追放されてしまいます。イタリアで妻の自慢をするポステュマス。彼の友人イアーキモはイノージェンを口説いて見せると言い放ち、ブリテンまで出かけていきました。もちろん彼女は拒否しますが、イアーキモは一計を案じ、鞄に隠れて寝室へと潜り込み・・・/妻の不貞を疑った夫、それを解消するために奔走する妻。彼女を助ける謎の猟師たち。様々な人物が入り組み、いくつもの物語が平行して進むシェークスピアらしい戯曲です。王の娘については「イモージェン」の表記が多く存在しますが、ここではイノージェンが採用されています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1242D

  • マクミラン:バレエ《アナスタシア》[DVD]

    最後のロシア皇帝ニコライ2世の第四皇女、アナスタシア・ニコラエヴナ。1917年に勃発した二月革命で家族もろとも軟禁され、最終的には銃殺された…はずなのですが、その後「彼女は生存している」という説が出て、何人もの「アナスタシア」が現れました。その中でも最も「真のアナスタシアではないか」と疑われた人物がアンナ・アンダーソンです。彼女は全ての面でアナスタシアになりきり、周囲も彼女を讃えました。この一連の騒動を幻想的なバレエに仕上げたのがイギリスの振付師マクミランです。彼が紆余曲折の末、このバレエを発表した1967年には残念ながらDNA鑑定などの方法がなく、アンダーソンが何者であったのかを証明することは不可能でした(現代では、彼女はアナスタシアではないと一応の結論が出ています)。/マクミランのバレエは、アナスタシアとアンナは同一人物によって踊られ、最後はアンナの発狂という悲劇で幕を閉じます。主役を踊るオシポワは、前半のアナスタシアとしての清楚さと、後半の凄惨なアンナの対比がすばらしく、ニコライ2世の愛人であったクシェシンスカヤを踊るヌニェスの軽やかな踊りにも目を奪われます。 ( 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OA1243D

  • 0

    ( 発売)

    レーベル名:2017.09.29
    カタログ番号:/sharedfiles/images/cds/others/OA1243D.gif

  • シェークスピア:《シンベリン》[Blu-ray Disc]

    古代ブリテンの王シンベリンの一人娘イノージェン。彼女は父の許可なく幼馴染のポステュマスと結婚したため、王の怒りを買い、夫ポステュマスはイタリアへ追放されてしまいます。イタリアで妻の自慢をするポステュマス。彼の友人イアーキモはイノージェンを口説いて見せると言い放ち、ブリテンまで出かけていきました。もちろん彼女は拒否しますが、イアーキモは一計を案じ、鞄に隠れて寝室へと潜り込み・・・/妻の不貞を疑った夫、それを解消するために奔走する妻。彼女を助ける謎の猟師たち。様々な人物が入り組み、いくつもの物語が平行して進むシェークスピアらしい戯曲です。王の娘については「イモージェン」の表記が多く存在しますが、ここではイノージェンが採用されています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7221D

  • マクミラン:バレエ《アナスタシア》[Blu-ray Disc]

    最後のロシア皇帝ニコライ2世の第四皇女、アナスタシア・ニコラエヴナ。1917年に勃発した二月革命で家族もろとも軟禁され、最終的には銃殺された…はずなのですが、その後「彼女は生存している」という説が出て、何人もの「アナスタシア」が現れました。その中でも最も「真のアナスタシアではないか」と疑われた人物がアンナ・アンダーソンです。彼女は全ての面でアナスタシアになりきり、周囲も彼女を讃えました。この一連の騒動を幻想的なバレエに仕上げたのがイギリスの振付師マクミランです。彼が紆余曲折の末、このバレエを発表した1967年には残念ながらDNA鑑定などの方法がなく、アンダーソンが何者であったのかを証明することは不可能でした(現代では、彼女はアナスタシアではないと一応の結論が出ています)。/マクミランのバレエは、アナスタシアとアンナは同一人物によって踊られ、最後はアンナの発狂という悲劇で幕を閉じます。主役を踊るオシポワは、前半のアナスタシアとしての清楚さと、後半の凄惨なアンナの対比がすばらしく、ニコライ2世の愛人であったクシェシンスカヤを踊るヌニェスの軽やかな踊りにも目を奪われます。 ( 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7222D

  • 0

    ( 発売)

    レーベル名:2017.09.29
    カタログ番号:/sharedfiles/images/cds/others/OABD7222D.gif

  • クリストファー・ウィールドン:バレエBOX 《不思議の国のアリス》《シンデレラ》[Blu-ray Disc]

    気鋭のイギリス人振付師、クリストファー・ウィールドンによる2作のバレエ。ウィールドンは英国ロイヤル・バレエ・スクールで研鑽を積み、同団で踊った後、ニューヨーク・シティ・バレエに入団、7年間に渡って活躍しました。その後2000年にダンサーを引退し、振付師としての活動を始めました。/以降、《不思議の国のアリス》や《冬物語》《マダムXの肖像》など次々と話題作を発表し、どれもが称賛を浴びています。/新国立劇場の2018/19シーズンにおいてウィールドンの《不思議の国のアリス》の上演が決定。ますます目が離せません。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Opus Arte
    カタログ番号:OABD7227BD

  • 詳細

    ウッド:レクイエム(ボットーネ/マッカルダン/リヨン/ギャレット/リンヴィティ・シンガーズ&シンフォニア/ブロー)

    この美しい「レクイエム」を作曲したクリストファー・ウッド。本業はがん治療薬を開発する外科医でした。しかし、アメリカ出張中にたまたま滞在中のホテルのテレビで見た、エリザベス王太后の葬儀の模様にインスピレーションを受けたウッドは、人々の悲しみや敬意の精神、そして愛国心を表現するには音楽がふさわしいと思い立ち「レクイエム」の作曲を決意したと言います。それまで作曲に手を染めたことのなかったウッド、完成には約10年を要し、2012年にようやく初演の日を迎えました。優しさと肌触りの良さに満ちた美しい調べは人々の心を瞬時に魅了し、2014年にはこの曲から派生した「ミサ・ヴレヴィス(小ミサ)」も作られるほど、現在では“作曲家”としてのウッドの名声は定着しています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100068

  • 詳細

    シューベルト/ショパン/リスト/王建中/キャシアン/マクスウェル・デイヴィス:ピアノ作品集(ヤン・ユァンファン)

    1997年、エジンバラ生まれの中国系ピアニスト、ヤン・ユァンファンのリサイタル・アルバム。/ロンドンの王立音楽院で7年間学び、2014年にはワイマールで開催された第4回フランツ・リスト国際コンクールで第1位、2015年のクリーヴランド国際ヤング・アーティスト・コンクールでも第1位を獲得し、その将来を期待されています。/この「Watercolour=水彩画」と題されたアルバムは、様々な景色を切り取り、音で描き出した表現力豊かな1枚。作曲の勉強もしているというヤンは、このアルバムでも自作を披露しており、これは確かな構築力と即興性が表出された素敵な作品です。また、彼の他の作品もBBCラジオやテレビで頻繁に放送され、大人気を博しています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Orchid Classics
    カタログ番号:ORC100073

  • 詳細

    ヴィヴァルディ/モーツァルト/グリーグ/ヘンデル/ストラヴィンスキー/シューベルト:ソプラノのための作品集(アンダーソン)

    スウェーデンのソプラノ、スザンナ・アンダーソン。彼女は2003年、ギルドホール音楽演劇学校で金メダルとキャスリーン・フェリア歌曲賞を受賞、全ヨーロッパ・コンサート・ホールの「ライジング・スター賞」にもノミネートされ、モーツァルト歌手として活躍をはじめました。ホグウッド、メッツマッハー、ガーティナーら数多くの指揮者と共演し、現代作品も数多く手がけています。すでに充分なキャリアを積んだ彼女、このデビュー・アルバムでは、ヘルシンボリ交響楽団をバックにヴィヴァルディから現代曲、そしてミシェル・ルグランまで幅広い歌を、軽やかな声を生かして堂々と歌いこなしています。《魔笛》の「夜の女王のアリア」での煌めく歌唱も美しいのですが、情感溢れるシュトラウスの「明日の朝」が見事です。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Orlando Records
    カタログ番号:OR0029

  • 詳細

    ポッパー:チェロ演奏の高等課程への練習曲(ルンメル)

    19世紀に活躍したチェロの名手ポッパー。作曲家としては超絶技巧を駆使した夥しい数の小品を残しています。チェロ学習者のために書いた「チェロ演奏の高等課程への練習曲」は、チェロ学習者にとっては“ショパンの練習曲”にも匹敵する大切な作品であり、聴いても、弾いても楽しめる曲集として知られています。/この2枚組は、2004年にリリースされたアルバムをリマスタリングしたもの。ルンメルはポッパーの全チェロ作品のリリースを目指しています。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Paladino Music
    カタログ番号:PMR0085

  • 詳細

    ペッチ:ライト・オン/ラボラトリー・リズム(ステファン・ペッチ・アンサンブル)

    音楽一家に生まれたペッチュは、7歳からマグデブルクの音楽学校でヴァイオリンを学びましたが、10代の時にラジオで聴いたポーランドのジャズ・ヴァイオリニスト、ZbignewSeifertの音楽に強い影響を受けました。1984年には政治犯として投獄されましたが、翌年釈放され、その後は様々な音楽スタイルを身に付けました。このアルバムに収録された「LightOn」は彼の代表作。弦、ピアノに多彩な音が絡みつきます。(2017/09/29 発売)

    レーベル名:Ravello Records
    カタログ番号:RR7801