Home > CD & DVD > Labels > Solo Musica

 CD & DVD/BD

レーベル別検索

Search results:177 件 見つかりました。

Solo Musica: アルバム一覧

  • バース・オブ・ザ・ストリングス

    (2012/08/22 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM161

  • Winterflustern-冬のささやき

    (2012/09/19 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM163

  • CASANOVA

    (2012/09/19 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM164

  • 詳細

    あなたのモーツァルトは永遠に ~作曲家の歌と手紙

    モーツァルトの興味深い手紙(もちろん、あの「ベーズレ書簡」も含む)の朗読と歌曲のコンビネーションを楽しむ1枚。バリトン歌手のマックス・ミュラー自身が手紙も朗読しています。等身大のモーツァルトが感じられます。(2013/09/25 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM179

  • Dedicationユーリ・クネッツ:管弦楽作品集

    (2017/06/30 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM259

  • 詳細

    J.S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 - 第6番 BWV 1001 - 1006 (ポチェキン)

    2009年、リトアニア、ヴィリニュスで開催された“ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール”に入賞、一躍注目を浴びたロシアのヴァイオリニスト、ミハイル・ポチェキン。世界各国のオーケストラと共演し、名指揮者たちからも熱い信頼を寄せられている注目の奏者です。1990年生まれのポチェキンが、30歳になる前の一区切りとして挑戦したバッハの「無伴奏ソナタとパルティータ」には、フレッシュな感性と熱い情熱が満ち溢れています。(2019/01/25 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM298

  • ユーリ・クネッツ:管弦楽作品集[LP]

    (2017/09/22 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SMLP266

  • 詳細

    BAYREUTH ERLEBT -ヴォルフガング・ワーグナーの思い出(1958-1995)

    リヒャルト・ワーグナーの一人息子、ジークフリートとその妻ヴィニフレートの二男としてバイロイトに生まれたヴォルフガンク(1919-2010)。彼はバイロイト祝祭劇場の総監督として大きな功績を残しました。最初は管理、運営のみでしたが、やがて演出にも着手。兄ヴィーラントが亡くなってからは外部から演出家を招聘し、常に劇場に新風を送り込むことに執心していた人として知られています。このアルバムでは彼のディレクターとしての手腕と功績について、本人自身の語りと彼の周囲の歌手や指揮者、ピアニストたちの語りを収録。実際の演奏をはさみながら、偉大なる人物を称賛するという形をとっています。(2013/09/25 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM182

  • 詳細

    アイスラー/セルフ:歌曲集(コスト/プフィスター/霧生貴之/カコイアン/ウッリ/クンツ/フューター)

    ユダヤ系の音楽家ハンス・アイスラーは第二次世界大戦時、ドイツを逃れハリウッドで活躍、終戦後はドイツに戻り独自の音楽を作りました。一時期は新ウィーン楽派の先鋒として活動していましたが、ベルトルト・ブレヒトと共同作業を行うようになってからは、このアルバムに収録された「ハリウッド・ソング」のようなジャズ風の作品を好み、親しみやすく風刺の効いた作品を数多く手がけています。このアルバムにはアイスラーの全ての歌曲が網羅されています。もう一人の作曲家であるセールは「バルバラ」の名前でお馴染みの伝説のシャンソン歌手。2018年には映画「セーヌの黒いバラ」の公開も予定されており、彼女の歌が話題になりそうです。洒落たアレンジによる数々の作品を聴くことができます。(2018/10/31 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM289

  • 詳細

    愛の使者~ワーグナーとマーラー作品を弦楽四重奏で(ヴォイジャー四重奏団)

    ワーグナーは青年時代に弦楽四重奏曲を書きましたが、楽譜は散逸しており実際にその音を聴くことはできません。またマーラーも弦楽四重奏曲を書いた記録はありますが、やはり楽譜が残っておらず、こちらも演奏は不可能です。"ワーグナーとマーラーの弦楽四重奏曲を聴いてみたい"そんな思いを叶えたのがこの「愛の使者」と題されたアルバムです。ドイツの現代作曲家アンドレアス・ヘーリヒトが、それぞれの作品から愛のメッセージが込められた曲を選び、見事な弦楽四重奏曲へとアレンジしました。ワーグナーは、マティルデ・ヴェーゼンドンクを思いながら作曲したトリスタンとイゾルデの前奏曲と、ヴェーゼンドンク歌曲集の弦楽四重奏版、そして、マーラーは、初期のピアノ四重奏曲を第1楽章とし、アルマにあてて書いた第5番のアダージェットを第2楽章、第10番を第3楽章、そして残された断片を自由に組み合わせた曲を最終楽章に置いた「弦楽四重奏曲第1.0番」。どちらも魅力的な作品へと変貌を遂げています。演奏は、以前、同じくアンドレアス・ヘーリヒトによる編曲版の「冬の旅」(SM335)をリリースしたヴォイジャー四重奏団。かつては有名クワルテットに在籍したり、バイエルン放送響のメンバーであった奏者により2014年に結成されたアンサンブルです。(2021/03/26 発売)

    レーベル名:Solo Musica
    カタログ番号:SM358