Home >

藤田真央(ピアノ) – Mao Fujita, pianist

naxos アーティストプロフィール

藤田真央 Mao Fujita(piano)
 


藤田真央


ニュース News

プロフィール Profile

    1998年東京都生まれ。3歳からピアノを始める。
    2019年6月、第16回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門にて第2位を受賞。審査では聴衆から熱狂的なスタンディング・オベーションで迎えられ、ネット配信を通じて世界中の注目の的となった。

    2017年、弱冠18歳で第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール優勝。併せて「青年批評家賞」「聴衆賞」「現代曲賞」の特別賞を受賞。
    2016年には、故中村紘子氏が最後に審査員を務めた浜松国際ピアノアカデミーコンクールで第1位に輝くなど、国内外での受賞を重ねている。
    初めてのリサイタルを2013年に開催。以降、国内はもとより、各地でリサイタル、オーケストラと共演している。これまでに、オレグ・カエターニ、リッカルド・ミナーシ、小林研一郎、現田茂夫、飯森範親、大友直人、レイ・ホトダ、クリスティアン・ツァハリアス、リュー・ジア、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ユタ交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、マカオ管弦楽団等と共演。
    ルール音楽祭、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、アッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。また2018年夏にはヴェルビエ音楽祭にアカデミー生として参加した。
    2018/2019シーズンは、「横浜市招待国際ピアノ演奏会」、Bunkamura30周年記念企画「クラシック・ロシアbyPianos」、「トッパンホールニューイヤーコンサート」などのガラ公演に出演した他、完売になったヤマハホールのリサイタルは「聴く喜びを生む新星の美しい音色」と評された。2018年10月には、スイス、並びにパリのルイ・ヴィトン財団主催NewGenerationシリーズに招かれ演奏。
    2019年には、カーチュン・ウォン指揮/読売日本交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、秋山和慶指揮/東京交響楽団とジョリヴェ:ピアノ協奏曲「赤道コンチェルト」、飯守泰次郎指揮/東京シティ・フィルとベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番を共演し、高い評価を得た。

    今後は、9月に小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルト:ピアノ協奏曲第20番を共演予定。10月にワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番を共演してロンドン・デビューが予定されている。
    今秋に公開される映画『蜜蜂と遠雷』では、風間塵役の演奏を担当することが発表され、話題になっている。

    ソロ・アルバムはナクソス・ジャパンから3枚リリース。4枚目「映画「蜜蜂と遠雷」 ~ 藤田真央 plays 風間塵」が9月4日に、5枚目「Chopin: Scherzos」が全世界に先駆けて10月に日本先行で発売予定。

    現在、特別特待奨学生として東京音楽大学3年 ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学し研鑽を積んでいる。 ジャパン・アーツ所属。


    Born in Tokyo in 1998, Mao Fujita, a mere 20 years old pianist, fascinated the Moscow audience by winning the second prize at the 16th Tchaikovsky International Competition. on June 27, 2019. He was welcomed by standing ovation during the rounds and immediately became the focus of international attention.

    In 2017, while still a freshman at the Tokyo College of Music, Mao won the 27th Concours International De Piano Clara Haskil in Switzerland, also winning three special awards the “Audience Award,” the “Prix Modern Times,” and the “Prix Coup de Coeur.”

    His recent highlight performances include Andre Jolivet Piano Concerto with Mo. Kazuyoshi Akiyama & Tokyo Symphony Orchestra in 2019, Rachmaninov Piano Concerto No. 3 with Mo.Kachun Wong & Yomiuri Nippon Symphony Orchestra in 2019, and Tchaikovsky Piano Concerto No.1 with Mo. Oleg Caetani & Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra in 2018.

    He was invited to perform at festivals such as Klavier-Festival Ruhr and Verbier Festival as Academy Musician. and to perform at the “New Generatioin Series” at Louis Vuitton Foundation in 2018.

    Mao’s repertoire includes but not limited to works such as: Concerto Repertoire: Bach, Haydn, Mozart, Beethoven, Tchaikovsky, Rachmaninov, Schumann among many others.

    Recital Repertoire: A wide variety from Bach, Scarlatti to Stravinsky and Rigetti.

    Mao has also won other numerous awards inside and outside Japan such as 1st Prize in the Junior Section of “The World Classic” in Taiwan in 2010, 1st Prize in the Elementary School Division of the National Competition of the Student Music Concours of Japan, . 1st Prize at the International Rosario Marciano Piano Competition in Austria in 2013, 1st Prize at the Zhuhai International Mozart Competition for Young Musicians in 2015, 1st Prize at the Hamamatsu International Piano Academy Competition, and 3rd Prize at the Gina Bachauer International Young Artists Piano Competition in the United States in 2016.

    Recordings are released from Naxos.

    -Beethoven – Rachmaninov – Miyoshi (Mao Fujita) Naxos Crescendo NYCC-10001, 2013
    -Beethoven: Piano Sonata No. 14 – Wagner/Liszt: Tannhauser Overture – Prokofiev Piano Sonata (Mao Fujita) Naxos Japan NYCC-27296, 2015
    -Passage (Mao Fujita) Naxos Japan NYCC-27306, 2018
    -Paderewski: Piano Masterpieces (Yukio Yokoyama, Mao Fujita, Yukine Kuroki) Naxos Japan NYCC-27307, 2018

    Mao Fujita on Spotify
    Mao Fujita on Apple Music



近況

コンサート情報

  •   →詳しい情報はこちらをご覧ください。


メディア掲載/出演

アルバム

動画




関連リンク